事件

【顔画像】山下泰範がヤバすぎる「大田区で中学生刺される・通り魔の犯行か」

事件

10日午前8時5分ごろ東京・大田区で、通学途中の中学1年の男子生徒が、男に包丁で刺されました。警察は、山下泰範容疑者(やましたやすのり・61歳)を傷害の疑いで現行犯逮捕しました。

ここでは、山下泰範容疑者の顔画像、自宅、事件現場についてまとめていきます。

山下泰範の顔画像

こちらが、山下泰範容疑者の顔画像です。

山下泰範容疑者は、住所・職業不詳の61歳男性です。

独特な服装で、一般的な61歳よりも少し老けている印象を受けます。

職業不詳とされていますが、年齢や身なりから無職の可能性が高いと考えられます。

山下泰範の犯行現場・事件内容

5月10日午前8時5分ごろ、東京都大田区西蒲田8丁目で「子どもが刺された」と警察に通報がありました。

現場では、中学1年の男子生徒(13)が胸の付近を刺され、病院に搬送されました。男子生徒は、搬送時に意識はあったそうです。

現場近くにいた住居・職業不詳の山下泰範容疑者(61)を傷害容疑で現行犯逮捕しました。

事件現場は、マンションが並ぶ住宅街で、比較的大きな通りで、JR蒲田駅から西に約400メートルの住宅街です。近くに中学校もあります。

山下泰範容疑者は「私がやったことに間違いありません」と容疑を認める供述しており、現場では血のようなものが付いた包丁が見つかっています。

大田区では、8日にも男子児童が刃物のようなものを持った不審者を目撃しており、区が住民らに警戒を呼びかける防犯メールを送っていました。

この人物が山下泰範容疑者かはまだ分かりませんが、事前に防げた可能性があるだけに悔やまれる事件です。

山下泰範の「大田区、男子中学生傷害事件」世間の反応

山下泰範が通り魔だったのか、特定の人物を狙った犯行だったのかと言うコメントです。

61歳の山下泰範容疑者と、中学1年の男子生徒に接点があったとは考えにくく、仮にあったとしても恨みを持つまでいくのかが疑問です。

刺された中学生が、軽症で会って欲しいというコメントです。

搬送時意識はあったようですが、命に別状がないことを祈るばかりです。

未来のある中学生に何をしているんだと言うコメントです。

中学1年生で、ついこの前今で小学生だった子供にしていい事ではないですし、怪我だけではなく、トラウマとなり今後の人生に影響を与えかねない悪質な事件です。

障害容疑ではなく、もっと大きな罪を償う可能性もありますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました