事件

山口晶史の顔や Facebook「大阪市消防局職員がわいせつ行為か」

事件

奈良県内の駅や電車内で女子高校生に抱きついたとして、大阪市消防局に勤める山口晶史容疑者(37歳)が逮捕されました。

ここでは、山口晶史容疑者のフェイスブック、インスタグラム(Instagram)、自宅住所、事件内容についてまとめていきます。

山口晶史のFacebook/インスタを調査

山口晶史容疑者のFacebookを調査しました。

山口晶史容疑者のFacebookを、検索したところ同姓同名のアカウントが複数表示されました。

山口晶史容疑者のFacebookを調べたところ、同姓同名のアカウントは表示されましたが、逮捕された山口晶史容疑者に関係する、大阪府に関するアカウントは見つからなかったため特定には至りませんでした。

次に、山口晶史容疑者のインスタグラムを調査しました。

インスタグラムでもFacebook同様に、同姓同名のアカウントは表示されましたが、不同意わいせつの疑いで逮捕された逮捕された山口晶史容疑者の年齢や、大阪府に関係するアカウントは表示されなかったため特定には至りませんでした。

山口晶史の自宅住所・事件内容

不同意わいせつの疑いで逮捕された山口晶史容疑者の自宅住所は報道されていませんが、職業は大阪市消防局・総務部総務課の消防司令補と報道されています。

山口晶史容疑者は10月6日の午後11時ごろに、JR和歌山線の駅構内や奈良県内で走行中の列車内で、女子高校生に抱きついたり、背中をなでまわすなどわいせつな行為をした疑いがもたれています。

女子高校生は降りる駅を間違え、パニック状態になっていたところ、山口晶史容疑者に抱きつかれ、「やめてください」と抵抗しても離れなかったようです。

7日、女子高校生が母親と一緒に警察に被害届を提出したことで事件が発覚しました。

山口晶史容疑者は「確かに女子高校生に抱きついたが、それは女子高校生がパニックになっていたので、落ち着かせるために抱きついて声をかけただけです。それ以降はお酒を飲んでいてはっきり覚えていません」と容疑を否認する供述をしています。

山口晶史「大阪市消防局職員が女子高生に抱きつく」

消防局職員として失格ですから厳しく処罰されるのは当然なんですが、この司令補が司令になる前だったのは唯一の不幸中の幸いでしょうね。 こんな上司がいたら、部下たちは堪ったものじゃないですから。

抱きしめて落ち着かせるなんて身内以外ではあり得ない これはただの性犯罪です

女子高生にもなって電車間違えるか。しかも23時。何してたのだろうか。パニックに陥ったのは事実だろうから、周りに女性がいたのなら、力になってあげればよい。善意でも異性介助はセクハラと捉えられやすい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました