事件

高野ひとみの顔やFacebook「新橋ぼったくりバー・酒6杯で37万円」

事件

東京・新橋で、不当に高額な飲食代を強引に取り立て(ぼったくり)をしたとして、飲食店経営者の高野ひとみ容疑者(たかのひとみ・53歳)が逮捕されました。

ここでは、高野ひとみ容疑者のフェイスブック、インスタグラム(Instagram)、自宅、事件内容についてまとめていきます。

高野ひとみのFacebookを調査「ぼったくりバー」

高野ひとみ容疑者のFacebookを調査しました。

高野ひとみ容疑者のFacebookを、検索したところ同姓同名のアカウントが複数表示されました。

高野ひとみ容疑者のFacebookを調べたところ、同姓同名のアカウントは見つかるものの逮捕された高野ひとみ容疑者に関係する、東京都大田区に関するアカウントは見つからなかったため特定には至りませんでした。

次に、高野ひとみ容疑者のインスタグラムを調査しました。

高野ひとみ容疑者のインスタグラムを検索したところ、facebookと同じく同姓同名のアカウントが複数表示されました。

高野ひとみ容疑者のインスタグラムを調べたところ、同姓同名のアカウントはありましたが、高野ひとみ容疑者の年齢や、東京都に関するアカウントは見つからなかったため特定には至りませんでした。

高野ひとみの自宅や事件内容「東京都大田区西蒲田」

東京都港区新橋でぼったくりバーで、客から高額な料金を取り立てたとして逮捕された、高野ひとみ容疑者の自宅は東京都大田区西蒲田と報道されています。

高野ひとみ容疑者(53)は今年1月、従業員らと共謀して客の50代男性に対し「払いなさいよ」などと言って腕を引っ張り、コンビニのATMまで連れて行くなどして飲食代を取り立てようとした疑いがもたれています。

男性はキャッチに連れられ来店し、午前2時からおよそ4時間で酒を5、6杯飲んだところ高野ひとみ容疑者から37万円を請求されたそうです。

被害にあった男性が支払いを拒否し、コンビニの店内でもめていたところに偶然、警察官が立ち寄ったため、高野ひとみ容疑者らは立ち去り、37万円は支払わずに済みました。

高野ひとみ容疑者の経営するバーは「パブsmile」という名前で、この店は少なくとも40件の相談が寄せられているともことです。

新橋では、男性会社員を狙ったぼったくりトラブルが増加しており、2021年の被害件数は30件ほどだったが、2022年は170件に急増しています。今年だけで被害総額は3900万円にのぼっているとのことです。

手口としては、女性従業員がマッチングアプリを使い男性を勧誘し、JR新宿駅などで待ち合わせ従業員であることを隠し、「行きたい店があるんだ」と言って働いているバーに誘っているようです。

高野ひとみ「パブsmileで何人泣かせてきた」

ある程度の料金の設定をしないと、ぼったくり犯罪は無くならないというコメントです。

40件も被害があったのに、これまで野放しにされていたのか?というコメントです。

少なくとも40件ということはまだまだ被害者はいるということだと思いますが、これまで警察が入っていなかったとするなら、警察が仕事をしていないと言われても仕方ないかもしれませんね。

パブsmileにこれまで何人泣かされてきたのだろうというコメントです。

全然スマイルではないですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました