事件

高橋祐輝の顔やFacebook!岩手・花巻市「金目的で覚醒剤に手を染めたか」

事件

南アフリカから末端価格5億8000万円相当の覚せい剤を密輸したとして、覚せい剤取締法違反の疑いで、花巻市大迫町の無職・高橋祐輝容疑者(たかはしひろき・26)が再逮捕されました。

ここでは、高橋祐輝容疑者のFacebook、インスタグラム(Instagram)、自宅、世間の反応についてまとめていきます。

高橋祐輝のFacebookを特定「闇バイトで金儲け」

高橋祐輝容疑者のFacebookを調査しました。

高橋祐輝容疑者のFacebookを、検索したところ本人のものと思われるアカウントが表示されました。

高橋祐輝容疑者のFacebookを調べたところ、こちらのアカウントが表示されました。こちらのアカウントは、逮捕された高橋祐輝容疑者の自宅である岩手県花巻市が出身地と在住地に書かれており、2017年に成人式の投稿がされていたことから、現在の26歳という年齢にも空いためアカウントの特定で間違いないと思われます。

次に、高橋祐輝容疑者のインスタグラムを調査しました。

高橋祐輝容疑者のインスタグラムを、検索したところFacebook同様に同姓同名のアカウントが表示されました。

高橋祐輝容疑者のインスタグラムを調べたところ、同姓同名のアカウントはありましたが、Facebookと違い、高橋祐輝容疑者の年齢や、岩手県に関するアカウントは見つからなかったため特定には至りませんでした。

高橋祐輝の自宅や事件の内容「岩手県花巻市大迫町」

高橋祐輝容疑者の自宅は、岩手県花巻市大迫町と報道されています。

高橋祐輝容疑者は今年1月30日〜2月3日にかけて闇バイトで知り合った仲間と共に、営利目的で覚せい剤およそ9.3キロ、末端価格5億8000万円相当を南アフリカから航空便を使い、アラブ首長国連邦や中国を経由して日本に密輸しました。

覚せい剤はプラスチック製のケースの中にバインダーに挟まれる形で隠されていましたが、成田空港にある東京税関の検査で見つかりました。

宛先が高橋高橋祐輝容疑者の自宅だったため警察は高橋高橋祐輝容疑者を逮捕しました。

今回押収された覚せい剤は統計が残る2008年以降、岩手県警が捜査に関わった事件の中で2番目に多い量です。

警察は高橋容疑者は「金欲しさで闇バイトに加担した」と供述しているそうです。

「岩手県花巻市覚せい剤密輸事件」に関する世間の反応

知らなかったといえば、日本では大きな罪にはならないというコメントです。

雇われた側は、知らなかったで済んでしまい、雇った側は捕まらないため、何か対策が必要だと思います。

中国で捕まればよかったのにというコメントです。

他にもこのようなコメントがありましたが、中国で捕まった場合は日本と比べて罪が大きいようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました