事件

大白真由美の顔やFacebook「喧嘩の末、母親もろとも・神戸市北区火災」

事件

神戸市北区で民家が全焼し焼け跡から1人の遺体が見つかった火災で、住人で無職の大白真由美容疑者(たいはくまゆみ・61歳)が逮捕されました。

ここでは、大白真由美容疑者のフェイスブック、インスタグラム(Instagram)、自宅、事件内容についてまとめていきます。

大白真由美のFacebookを調査「母親と喧嘩」

大白真由美容疑者のFacebookとインスタグラムを調査しました。

大白真由美容疑者のFacebookとインスタグラムどちらとも検索をかけてみましたが、いずれも同姓同名のアカウントは表示されませんでした。

大白真由美容疑者の61歳という年齢から、SNSなどはやっていない可能性もあるため特定には至りませんでした。

大白真由美の自宅や事件内容「自宅を放火」

大白真由美容疑者は兵庫県神戸市北区山田町上谷上の木造2階建ての自宅に火をつけ、焼損させました。

この火事で自宅は全焼し、焼け跡からは年齢や性別のわからない1人の遺体が見つかっており、女と2人で暮らしている80代の母親とは連絡が取れていない状況です。

大白真由美容疑者は「火をつけた」と自ら警察に通報し、軽いけがをして入院していましたが、退院した19日に逮捕されました。

大白真由美容疑者は「母親とけんかし、自分が死ねばいいと思って火をつけた」と容疑を認める供述をしています。

大白真由美の「神戸市北区放火事件」世間の反応

行動が幼稚すぎるというコメントです。

大白真由美容疑者が、「母親とけんかし、自分が死ねばいいと思って火をつけた」と話していることから、喧嘩の延長で放火をして、母親を死亡させたことを考えると幼稚すぎる行動ですね。

親も住む場所も失ったというコメントです。

大白真由美容疑者は、無職と報道されていることから、自宅も無くなり母親もなくしてしまったとすると今以上に生きていくのが困難になると考えられなかったのでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました