事件

田川友暉の顔やFacebook「スマホ運転か?阪和道自動車道で警察官はねる」大阪府

事件

大阪府岸和田市積川町の阪和自動車道上り線で、速度違反の取り締まりをしていた警察官をトラックではねて死亡させたとして、田川友暉容疑者(たがわともき・32歳)が逮捕されました。

ここでは、田川友暉容疑者のフェイスブック、インスタグラム(Instagram)、自宅、事故内容についてまとめていきます。

田川友暉のFacebook/インスタを調査

田川友暉容疑者のFacebookを調査しました。

田川友暉容疑者のFacebookを、検索したところ同姓同名のアカウントが複数表示されました。

田川友暉容疑者のFacebookを調べましたが、同姓同名のアカウントは見つかるものの逮捕された田川友暉容疑者に関係する、和歌山県岩出市に関するアカウントは見つからなかったため特定には至りませんでした。

次に、田川友暉容疑者のインスタグラムを調査しました。

田川友暉容疑者のインスタグラムを、検索したところFacebook同様に同姓同名のアカウントが複数表示されました。

田川友暉容疑者のインスタグラムを調べましたが、同姓同名のアカウントはありましたが、田川友v容疑者の年齢や和歌山県岩出市に関するアカウントは見つからなかったため特定には至りませんでした。

田川友暉の自宅や事件内容「和歌山県岩出市曽屋」

過失運転致傷の疑いで逮捕された田川友暉容疑者の自宅は、和歌山県岩出市曽屋と報道されています。

大阪府岸和田市積川町の阪和自動車道上り線で、取り締まりを終えてパトカーに戻る途中だった警察官が後続の中型トラックにはねられ死亡する事故がありました。

この事故で、阪府警高速隊小隊長の松宮崇警部補(50)さんが搬送先の病院で死亡が確認されました。

トラック運転手の、田川友暉容疑者(32)が現行犯逮捕され、田川友暉容疑者は「いつの間にか車線をはみ出していた」と容疑を認める供述をしています。

現場は片側2車線の緩やかな右カーブで、松宮警部補は30代の男性巡査長と違反車両の取り締まりを終え、路肩に止めた覆面パトカーの運転席に乗り込もうとした際に、はねられました。

田川友暉「居眠り運転かスマホながら運転か?」

携帯を使用してたんだろうな〜というコメントです。

田川友暉容疑者は「いつの間にか車線をはみ出していた」と供述をしています。

こちらの方は、居眠りかスマホだろうというコメントです。

書かれているように、ドライブレコーダーの映像などで明らかになるでしょう。

こちらのコメントでは、こんな場所で停止させているからではないかとコメントされています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました