事件

渋川勝敏の顔やFacebook「東京都豊島区・介護を考え母親を殺害」

事件

東京都豊島区で80代の女性が殺害されているのが見つかった事件で、同居していた息子の渋川勝敏容疑者(しぶかわかつとし・60歳)が逮捕されました。

ここでは、渋川勝敏容疑者のフェイスブック、インスタグラム(Instagram)、自宅住所、事件内容についてまとめていきます。

渋川勝敏のFacebook/インスタを調査

渋川勝敏容疑者のFacebookとInstagramを調査しました。

渋川勝敏容疑者のFacebookとInstagramを調べたところ、似ている名前のアカウントは表示されましたが、同姓同名のアカウントは表示されず、逮捕された渋川勝敏容疑者の、東京都豊島区に関係するアカウントは表示されなかったため特定には至りませんでした。

渋川勝敏容疑者の年齢が60歳ということからSNSなどのアカウントは使用していなかった可能性が考えられます。

渋川勝敏の自宅住所や事件内容「東京都豊島区」

殺人の疑いで逮捕された、渋川勝敏容疑者が80代の母親と一緒に暮らしていた自宅は、東京都豊島区南長崎のアパートと報道されています。

渋川勝敏容疑者は、8日午後1時頃、東京都豊島区南長崎のアパートで「母親を殺した。手で首を絞めた」と通報しました。

警察が駆けつけたところ、この部屋に住む80代の女性があおむけで倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡が確認されました。

渋川勝敏容疑者は母親の首を手で絞めたあと、電気コードを使いさらに首を絞めたとみられています。

渋川勝敏容疑者は「母を介護すると考えると自分にはできないと思った」と容疑を認める供述をしています。

渋川勝敏「母親殺害に同情の声も」

自分も86歳の要介護3の父親を自宅介護している身としては他人事には思えません。 この人はワンオペで母親の介護をしていたのだとすると、やったことは悪いことだとしても同情してしまう面もあります。

きびしいね。自分の母を介護できないという人間が無職。この先の日本の縮図なのか?

受け皿になるべき介護業界が崩壊しかけで終わってるんだからどうしようもない

コメント

タイトルとURLをコピーしました