事件

京都女子駅伝でランナーの下半身を盗撮した教師は誰?小学校や家族は?「お尻に興奮」

事件の概要

今年1月、京都市内で開かれた駅伝大会で女子選手の身体を盗撮したとして京都市立の小学校教師の男が書類送検されました。

京都府の迷惑行為防止条例等違反の疑いで書類送検されたのは、京都市立の小学校教師の男(39)です。 男は1月、京都市内で開かれた「全国都道府県対抗女子駅伝大会」で当時20歳の選手らの下半身を執拗に撮影した疑いがもたれています。

警察によると、大会関係者からの相談があり、警戒に当たっていて、男が望遠カメラで撮影していたところを発見したということです。

男は3年ほど前から盗撮に及んでいて、自宅からは陸上競技などの選手を撮影したおよそ2万8000点の画像が見つかったということです。

調べに対し、男は容疑を認めていて「女子アスリートのお尻などが強調される姿に興奮した」と話しています。

関西テレビ

世間の反応として様々なコメントが寄せられています。

難しい世の中になって来たね。 線引きが難しい… 前から思うけど、陸上とか体操とかチアもそう 衣装を変えるという意見は出て来ないのかな?

盗撮って言うのかなこれ。 もし、アスリートの写真撮って盗撮と言われるのであれば、かなり大多数の人が捕まりそうだが。

沿道や観客席から望遠レンズで撮影するってことがおかしい

様々な意見があり、盗撮の線引きが難しいという意見が多くありましたが、2万8000枚は多いという意見もありました。

書類送検された教師の詳細

名前:分かり次第追記

年齢:39歳

住所:分かり次第追記

職業:小学校教諭

顔写真:分かり次第追記

新しい情報が分かり次第追記します。

盗撮していた場所はどこ?

小学校教師が盗撮していたのは、全国女子駅伝の第1中継所の衣笠小学校あたりです。

1月15日午後0時15分~同50分ごろの間です。

小学校教師は、は走り終えた選手が倒れ込んでいるところや、出場前にストレッチしたりする場面で、望遠レンズ付きのカメラを使って集中的に撮影していました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました