事件

大熊菜月の顔やフェイスブック「富士見市の強盗女はギャンブル依存症だった」

事件

埼玉県富士見市のドラッグストアで、店員を脅し、現金およそ50万円を奪った疑いで大熊菜月容疑者(おおくまなつき・27歳)が逮捕されました。

ここでは、大熊菜月容疑者のFacebook、インスタグラム(Instagram)、自宅、事件内容についてまとめていきます。

大熊菜月のフェイスブック/インスタを調査

大熊菜月容疑者のFacebookを調査しました。

大熊菜月容疑者のFacebookを検索したところ、同姓同名のアカウントが複数表示されました。

大熊菜月容疑者のFacebookを調べたところ、同姓同名のアカウントは見つかるものの逮捕された大熊菜月容疑者に関係する、埼玉県富士見市に関するアカウントは見つからなかったため特定には至りませんでした。

次に、大熊菜月容疑者のInstagramを調査しました。

大熊菜月容疑者のインスタグラムを検索したところ、facebookと同じく同姓同名のアカウントが複数表示されました。

大熊菜月容疑者のインスタグラムを調べたところ、同姓同名のアカウントはありましたが、大熊菜月容疑者の年齢や、埼玉県に関するアカウントは見つからなかったため特定には至りませんでした。

大熊菜月の自宅や事件内容「埼玉県富士見市水子」

強盗などの疑いで逮捕された大熊菜月容疑者の自宅は、埼玉県富士見市水子と報道されています。

大熊菜月容疑者は先月18日、埼玉県富士見市水子のドラッグストアに客を装って押し入り、男性店員(21)と店長(33)に「今ある紙幣をください。この中に刃物があります」などと言って、ショルダーバッグの中に入れた包丁のような物の柄の部分を見せて脅し、現金52万2000円を奪って逃走した疑いがもたれています。

大熊菜月容疑者は「ギャンブルにはまって生活が苦しかった」と話しており、「現金を奪いましたが、刃物を突き付けていないので脅迫したつもりはありません」と容疑を一部否認する供述をしています。

大熊菜月はギャンブル依存だった?

お金がなくなったときに、働こうではなく、強盗しようとなってしまうのが、今の日本というコメントです。

他のニュースでは、大熊菜月容疑者はパチンコで負けてお金がなかったと言っていたというコメントです。

ギャンブル依存症だったのでしょうか。

防犯カメラでバレてしまうのに、やってしまうのはアホなのだろうかというコメントです。

あるいは、捕まりたかったなどの理由もあるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました