事件

岡田宏恵の顔やFacebook「育てられないから捨てた?無責任な行動に避難殺到」

事件

生後1か月の乳児を山口県防府市内のごみ箱に置き去りにした疑いで、母親の岡田宏恵容疑者(おかだひろえ・36歳)が逮捕されました。

ここでは、岡田宏恵容疑者のフェイスブック、インスタグラム(Instagram)、事件現場についてまとめていきます。

岡田宏恵のFacebookを調査「赤ちゃんを捨てました」

岡田宏恵容疑者のFacebookを調査しました。

岡田宏恵容疑者のFacebookを、検索したところ同姓同名のアカウントが3つ表示されました。

岡田宏恵容疑者のFacebookを調べましたが、同姓同名のアカウントは見つかるものの逮捕された岡田宏恵容疑者に関係する、山口県防府市に関するアカウントは見つからなかったため特定には至りませんでした。

次に、岡田宏恵容疑者のインスタグラムを調査しました。

岡田宏恵容疑者のインスタグラムを、検索したところFacebook同様に同姓同名のアカウントが複数表示されました。

岡田宏恵容疑者のインスタグラムを調べましたが、同姓同名のアカウントはありましたが、岡田宏恵容疑者の年齢や、山口県に関するアカウントは見つからなかったため特定には至りませんでした。

岡田宏恵の自宅・ゴミ箱はどこ?「鬱状態だった可能性も」

岡田宏恵容疑者の自宅は、山口県防府市警固町と報道されています。

岡田宏恵容疑者は、生後1か月の乳児を山口県防府市内のごみ箱に置き去りにしたとして、保護責任者遺棄の疑いで逮捕されました。

岡田宏恵容疑者は11日正午ごろ、防府市内の保育園前に設置されたごみ箱に、生後1か月の女児を置き去りにしました。

こちらが、赤ちゃんが捨てられていた、ゴミ箱です。

岡田宏恵容疑者は、赤ちゃんを置き去りにした後、すぐに「赤ちゃんを捨てました」と名乗らず警察に通報しています。

現場に駆けつけた警察官が岡田宏恵容疑者を現行犯逮捕しました。

女児は、岡田宏恵容疑者の実の子で、けがはなく、命に別状はなかったそうです。

岡田宏恵容疑者は「間違いありません」と容疑を認める供述をしています。

岡田宏恵の「乳児ゴミ箱事件」に関する世間の反応

実の子をゴミ箱に捨てて、自ら通報するなんておかしいというコメントです。

岡田宏恵容疑者の行動は、まともではないです。ゴミ箱ではなく、相談することのできる場所などもある中で、36歳でこういった決断しかできなかったことを考えると足りない部分が大きそうですね。

追い詰められたことで、おかしな行動をとってしまったのではないかというコメントです。

一ヶ月前に、自分で産んで、それまでに育てていけるかや、産むかも考える時間があった中で産んでから取る行動としては、考えられない行動です。

赤ちゃんはゴミじゃないというコメントです。

本当に信じられないというコメントがたくさんありました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました