事件

【特定】野呂彪司の顔やFacebook「子煩悩なトラックドライバー娘に暴行」三重

事件

三重県川越町で同居している2歳の長女の腹を蹴る暴行を加えたとして、父親の野呂彪司容疑者(のろたけし・22歳)が逮捕されました。

ここでは、野呂彪司容疑者のフェイスブック、インスタグラム(Instagram)、自宅、事件内容についてまとめていきます。

野呂彪司のFacebookを特定「運送トラックドライバー」

野呂彪司容疑者のFacebookを調査しました。

野呂彪司容疑者のFacebookを、検索したところ本人と思われるアカウントが表示されました。

野呂彪司容疑者は三重県川越町在住であり、野呂彪司という名前が珍しい名前であることや、プロフィールに三重県三重郡在住と書かれていることから、本人のアカウントの可能性が高いと考えられます。

野呂彪司容疑者のFacebookのプロフィールによると、2021年12月1日から上山興産で働いていることが分かります。

次に野呂彪司容疑者のインスタグラムを調査しました。

野呂彪司容疑者のインスタグラムを検索したところ、facebookと同じトップ画像のアカウントが表示されました。

Facebookとインスタグラムどちらも、公開アカウントになっていたため、本人の顔画像や元妻と娘の画像もFacebookで投稿していました。

Facebookを見る限りは、家族を大切にしている父親のような印象を受けました。

野呂彪司の長女暴行事件の内容「泣いたので蹴った」

17日、三重県川越町で2歳の長女の腹を蹴る暴行を加えたとして、22歳の父親が逮捕されました。

野呂彪司容疑者は17日午後9時半頃、三重県川越町の自宅アパートで2歳の長女の腹を蹴った暴行の疑いで逮捕されています。

野呂彪司容疑者は元妻と長女の3人暮らしで生活しており、元妻と口論になった際に長女が泣き出したことに腹を立てて、暴行を加えました。

元妻が警察に通報し、事件が発覚しました。

野呂彪司容疑者は「子供が泣いたので蹴った」と容疑を認める供述をしています。

これまでにも娘や元妻に暴力を振るっていた可能性もあるとして捜査が進められています。

野呂彪司の「長女暴行事件」に関する世間の反応

虐待がエスカレートする前でよかったというコメントです。

虐待死などがかなり問題になっていますが、見つからなければ一時の感情で暴力をふり続けてしまって最悪死亡してしまう可能性があったことを考えると、不幸中の幸いだったのかもしれません。

元妻がまともでよかったというコメントです。

警察が、これまでにも暴力があったかのせいも考えて捜査していることを考えると、娘の命の危険を感じたのかもしれませんが、通報するに至って本当によかったです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました