事件

錦織翼の顔やFacebook!会社は?時速100キロ越えの危険運転

事件

東京都板橋区の環状7号線で三輪タイプのミニカーを運転していた男性と衝突し、死亡させたとして、過失運転致死の疑いで会社員の男(29)が逮捕されました。

逮捕されたのは、錦織翼容疑者(にしきおりつばさ・29歳・会社員)

ここでは、錦織翼容疑者の、インスタグラム、フェイスブック、顔、事件の内容についてまとめていきます。

錦織翼容疑者のFacebookを調査

錦織翼容疑者のFacebookを調査しました。

Facebookで錦織翼容疑者を検索したところ、同姓同名のアカウントが2つ表示されました。

福山大学と書かれているアカウント以外のアカウントを開いてみましたが、出身地や在住地の表記がなく逮捕された錦織翼容疑者の情報と一致するアカウントは見つかりませんでした。

次にインスタグラムで検索しました。

インスタグラムでは、同姓同名のアカウントは2つ表示されましたが、2つとも錦織翼容疑者のアカウントではありませんでした。

新しい情報が分かり次第追記します。

錦織翼容疑者の事故現場を調査

事故現場は、板橋区本町の環状7号線で、右折しようとしていた三輪タイプのミニカーと衝突しました。

錦織翼容疑者は時速100キロ以上で運転していたとみられ、はねられた男性は死亡しました。

当時の信号の様子などは分かってはいませんが公道で100キロ出していること自体危険で身勝手な運転です。

錦織翼容疑者は、北区の会社員で帰宅途中で「急いでいた」と供述しています。

錦織翼容疑者の車を調査

こちらが事故後の錦織翼容疑者の車です。

衝突の影響でフロント部分の損傷が激しいですが、それ以外は無傷に見えます。

フーガかスカイラインか?などのコメントもありましたが、車種と特定する情報は見つかりませんでした。

しかしいい車だと思います。

事件に関する世間の反応

三輪タイプといえどヘルメットを付けないのは、自殺行為だというコメントです。

街中でもヘルメットを付けいていない三輪と見ると危険だと感じることがありますが、100キロの車にぶつかられると、体ごと飛ばされてしまします。

三輪に関してもヘルメットの着用が義務になる可能性がありますね。

危険運転ではなく、過失運転の罪にはならないよね?というコメントです。

100キロ出ている場合危険運転になるかは難しいところだと思いますが、過失運転になった場合被害者の方は救われないですね。

先程のコメントと同じで、日本の法律に関するコメントです。

この他にも、こんな事故を起こしておいて、執行猶予判決になるなんて日本は犯罪者に優しい国というコメントが複数書かれていました。

事件の内容

東京都板橋区の環状7号線で三輪タイプのミニカーを運転していた男性と衝突し、死亡させたとして、過失運転致死の疑いで会社員の錦織翼容疑者(29)が逮捕されました。

錦織翼容疑者は、11日午後7時ごろ、板橋区本町の環状7号線で右折しようとしていた40歳の男性が運転していた三輪タイプのミニカーと衝突して死亡させました。

錦織翼容疑者の車は、時速100キロ以上出ていたそうです。

錦織翼容疑者は「直進する際に対向から右折してきたバイクと衝突した」と容疑を認める供述をしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました