事件

西昌之の顔やFacebook「東吉野村役場の職員が撮影罪で奈良県初の逮捕」

事件

奈良県の東吉野村役場で職員の男が女性のスカートの中を小型カメラで盗撮したとして東吉野村役場の職員・西昌之容疑者(にしまさゆき・38歳)が逮捕されました。

ここでは、西昌之容疑者のフェイスブック、インスタグラム(Instagram)、勤務先、事件内容についてまとめていきます。

西昌之のFacebook/インスタを調査

西昌之容疑者のFacebookを調査しました。

西昌之容疑者のFacebookを、検索したところ同姓同名のアカウントが4つ表示されました。

西昌之容疑者のFacebookを調べましたが、同姓同名のアカウントは見つかるものの逮捕された西昌之容疑者に関係する、奈良県に関するアカウントは見つからなかったため特定には至りませんでした。

次に、西昌之容疑者のインスタグラムを調査しました。

西昌之容疑者のインスタグラムを、検索したところFacebook同様に同姓同名のアカウントが複数表示されました。

西昌之容疑者のインスタグラムを調べましたが、同姓同名のアカウントはありましたが、西昌之容疑者の年齢や東京都目黒区に関するアカウントは見つからなかったため特定には至りませんでした。

西昌之の勤務先や事件内容「東吉野村役場」

撮影処罰法違反の疑いで逮捕された、西昌之容疑者は東吉野村役場の職員と報道されています。

西昌之容疑者は14日に東吉野村役場内の執務室で小型カメラを床に設置し女性(30代)のスカートの中を盗撮した疑いがもたれています。

その後、小型カメラがないことに気が付いた西昌之容疑者が、役場の職員に犯行を名乗り出たことで事件が発覚しました。

西昌之容疑者は「撮影していたことに間違いありません」と容疑を認める供述をしています。

西昌之は東吉野村役場の職員で逮捕後は村八分?

村八分だなというコメントです。

村役場の中で、盗撮をしていことがバレてしまうと同じ待遇でまた働くことはできなくなってしまうのではないでしょうか。

迷惑条例ではなく、撮影罪として検挙していくんだねというコメントです。

今回の事件は、奈良県では13日に施行された「撮影罪」での初めての逮捕でした。

これまで盗撮などを取り締まる県の「迷惑防止条例」では犯行現場が「トイレ」や「公共の場所」など条文に制限がありましたが、「撮影罪」では場所に制限はなく犯行現場となった「役場の執務室」でも法律が適用されることになっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました