事件

石井幸康容疑者の顔・Facebook調査・西新井駅で駅員の助骨を折る

事件

2月6日午後9時半ごろ、東京・西新井駅で駅員の助骨を折るなどの暴行を加え、全治6週間の怪我をさせたとして会社員の男を逮捕した事件がありました。

逮捕されたのは、石井幸康容疑者(いしいゆきやす・39歳・会社員)

ここでは、石井幸康容疑者の、インスタグラム、Facebook、顔、犯行動機についてまとめていきます。

石井幸康容疑者のFacebookwoを調査

石井幸康容疑者のFacebookwoを調査しました。

Facebookでは石井容疑者のアカウントは、表示されず特定には至りませんでした。

同様にインスタグラムでも検索しました。

インスタグラムでもアカウントは表示されず、本にの特定には至りませんでした。

新しい情報が分かり次第追記します。

犯行現場を特定

犯行現場は、東京・足立区の東武鉄道の西新井駅です。

犯行動機

2月6日午後9時半ごろ、東京の西新井駅で駅員の男性を殴り全治6週間の怪我をさせたとして、石井幸康容疑者は逮捕されました。

石井容疑者は、電車に乗る際に、降りてきた乗客と肩がぶつかったことに腹を立て、非常用のドアコックを操作しました。

そこに駆けつけた駅員に電車から降りるよう指示された石井容疑者は、逃走しようとしましたが、駅員に止められたため犯行に至りました。

石井容疑者は、「逃げようと右腕を回し、手のひらでたたいただけ」と話しています。

新しい情報が分かり次第追記します。

犯行動機

降車する乗客の方にぶつかり、カッとなったようですが、降車する人とぶつかるのは降車を待たずに、電車に乗り込もうとしたからだと思います。

始まりは明らかに、石井容疑者ですが非常用ドアコックを操作したとして駆けつけた19歳の駅員に対して逃げるために暴行とは、かなり理不尽で悪質だと感じました。

全治6週間の怪我をさせておいて、手のひらで叩いただけというのも言い訳のように聞こえてしまいます。

ムシャクシャしていたのか、日頃から癇癪を起こしやすい人なのかは分かりませんが、駅員は気の毒です。

暴力以外の解決策を見つけてもらいたかったです。

新しい情報が分かり次第追記します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました