事件

中田藍香の顔やFacebook!横断歩道が悪い?小学生をはねた保育士逮捕

事件

27日の夜、石川県白山市内の県道で横断歩道を歩いて渡っていた小学6年生の男の子が乗用車にはねられ、意識不明の重体です。過失運転致傷の疑いで、車を運転していた保育士の女(24)が逮捕されました。

逮捕されたのは、中田藍香容疑者(なかたあいか・24歳・保育士)

ここでは、中田藍香容疑者の、インスタグラム、フェイスブック、顔、犯行動機についてまとめていきます。

中田藍香容疑者のFacebookを調査

中田藍香容疑者のFacebookを調査しました。

Facebookで中田藍香容疑者を検索したところ、同姓同名のアカウントが2つ表示されました。

1つ目のアカウントを表示しました。

こちらのアカウントは、友達が196人いて、トップ画像も設定されていることから使われているアカウントということが分かります。

プロフィール情報で、勤務先は「ひみつ」とされていますが、出身校で「金城大学」と書かれていました。

金城大学は、石川県白山市にある大学です。

事故が起こったのは、石川県白山市中町だということからこのアカウントが、中田藍香容疑者のものである可能性が高いと考えられます。

2つ目のアカウントを表示しました。

こちらのアカウントは、友達はおらず、トップ画像も設定されていないことからも使用されていないアカウントだということが分かります。

Facebookに関すると、1つ目のアカウントが中田藍香容疑者のアカウントだと考えられます。

次にインスタグラムで検索しました。

インスタグラムで、中田藍香容疑者を検索したところ5つほどアカウントが表示されました。

1つ目のアカウントは、外国に関する投稿のされているアカウントでした。

2つ目は名前の読みは同じですが、漢字が違いました。

3つ目のアカウントを表示しました。

こちらのアカウントは、ローマ字ですが同じ名前のアカウントでしたが、トップ画像や投稿やフォローなどをしていなかったため、使用されていないアカウントでした。

インスタグラムで、中田藍香容疑者のアカウントを見つけることはできませんでした。

中田藍香容疑者の事故現場や自宅は?

中田藍香容疑者の事故現場は、白山市中町の県道の横断歩道です。

画像や地図からも分かる通り、事故が起こった横断歩道の白線が薄くなっています。

中田藍香容疑者の自宅は、石川県金沢市千木町です。

今回の事件に関する世間の反応

信号がないと止まらない車が多いよねというコメントです。

コメントの方の言う通り、信号のない横断歩道で止まってくれる車は少ない印象です、そこで横断舗装の白線がここまで消えかけていて、夜の暗い時間帯だと気付くのが遅れてしまう可能性もありますね。

白線に問題がある!と言うコメントです。

この事件は、白線が問題だった場合どちらも気の毒な事故ですが、小学生の体がいち早く回復することを願います。

白線は関係ないのでは?と言うコメントです。

白線は確かに見にくいですが、わき見運転やながら運転をしていた可能性もあります、しっかり前を見ていれば止まることは出来たはずです。

事実はこれから明らかになっていくと思われます。

事件の内容

27日の夜、石川県白山市内の県道で横断歩道を歩いて渡っていた小学6年生の男の子が乗用車にはねられ、意識不明の重体です。過失運転致傷の疑いで、車を運転していた保育士の中田藍香容疑者(24)が逮捕されました。

27日午後8時ごろ、白山市中町の県道で横断歩道を渡っていた白山市に住む小学6年生の男子児童が、左から来た乗用車にはねらレル事故がありました。

男の子は病院へ搬送されましたが、意識不明の重体です。

中田藍香容疑者は「間違いない」と容疑を認める供述をしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました