事件

中島慧也の顔やFacebook「日頃の恨み?京都の介護士が消毒剤混入で逮捕」

事件

京都府与謝野町にある福祉介護施設に入所している男性(73)のワインに消毒剤を混入したとして、施設に勤務する介護福祉士の中島慧也容疑者(なかしまけいや・34歳)が逮捕されました。

ここでは、中島慧也容疑者のフェイスブック、インスタグラム(Instagram)、自宅、事件内容についてまとめていきます。

中島慧也のFacebookを調査「介護福祉士逮捕」

中島慧也容疑者のFacebookを調査しました。

中島慧也容疑者のFacebookを、検索したところ同姓同名のアカウントが1つ表示されました。

中島慧也容疑者のFacebookを調べたところ、同姓同名のアカウントは見つかるものの逮捕された中島慧也容疑者に関係する、京都府与謝野町に関するアカウントは見つからなかったため特定には至りませんでした。

次に、中島慧也容疑者のインスタグラムを調査しました。

中島慧也容疑者のインスタグラムを検索したところ、facebookと同じく同姓同名のアカウントが複数表示されました。

中島慧也容疑者のインスタグラムを調べたところ、同姓同名のアカウントはありましたが、中島慧也容疑者の年齢や、京都府に関するアカウントは見つからなかったため特定には至りませんでした。

中島慧也の自宅や事件内容「京都府与謝野町加悦」

福祉施設に入所していた73歳の男性のワインに消毒剤を混入し、飲めなくさせた中島慧也容疑者の自宅は京都府与謝野町加悦と報道されています。

中島慧也容疑者は今年3月、与謝野町内にある福祉施設に入所していた男性(73)の所有する瓶のワイン1本に、市販の消毒剤を混入して飲めなくさせた器物損害の疑いが持たれています。

別の施設職員が男性にワインを飲ませようとしたところ、ワインが変色していることに気付いて事件が発覚しました。男性はワインを飲まずに済んだため、健康被害はありませんでした。

警察がワインを調べたところ、「低食塩次亜塩素酸ナトリウム」が検出されましたが、致死量ではなかったそうです。

中島慧也容疑者は「介護以外にも文句を言われ、その仕返しをするために混入させた。腹痛を起こして辛い思いをしたらいいと思った」と容疑を認める供述をしています。

中島慧也の勤めていた福祉施設はどこ?

中島慧也容疑者は、与謝野町内にある福祉施設で介護福祉士として勤務していました。

与謝野町にある福祉施設は全部で、10個あります。

  • グループホームふれあい
  • グループホーム芳寿館
  • グループホームよさの
  • ユメライフはしだて
  • やすらの詩(うた)
  • なごみの家
  • 特別養護老人ホーム虹ヶ丘
  • 特別養護老人ホーム岩滝あじさい苑
  • 特別養護老人ホームやすら苑
  • 特別養護老人ホーム 与謝の園

現在の報道では、中島慧也容疑者がどの施設に勤務していたかは報道されていないませんが、上記の中にある可能性は高いと考えられます。

新しい情報が分かり次第追記します。

中島慧也「文句を言われ仕返しを考えた」

別の職員が気づいたから大事に至らなかったが、気づかなかったらやばかったというコメントです。

入っていた「低食塩次亜塩素酸ナトリウム」は致死量では無かったようですが、73歳という年齢からも飲んでいたら大変なことになっていたかもしれません。

年齢からも横柄な態度になってしまう入居者もいるかもしれないが、仕事としてやっている以上は大変な仕事だとは思いますが、一線を超えてしまうのは絶対にダメなことですね。

容疑についての疑問のコメントです。

一見殺人未遂のように感じますが、致死量が検出されていないことから殺人未遂にはならないのでしよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました