事件

本笠寺駅殺人事件の犯人は元彼?ストーカー?衝撃の結末に唖然・愛知県

事件

4月8日、愛知県名古屋市の名古屋鉄道本笠寺駅の待合室で、会社員の川村月音さん(かわむらつきね)18歳が胸を包丁で3ヶ所刺され死亡する事件が起こりました。

川村月音さん(18)笠寺駅の待合室で刺される

名古屋市中川区に住む川村月音さん(18)が何者かに左胸を3カ所刺されて死亡しました。

川村月音さんが刺されていたのは、名古屋鉄道本笠寺駅の待合室でのベンチで血を流して倒れていろところを、駅員が見つけました。

ベンチの近くには、血のついた包丁が落ちていたそうです。

地図上でも分かりますが、本笠寺駅は市内の中心的な駅ではありますが、大きな駅ではなくこじんまりとした雰囲気の駅になります。

川村月音さんが発見された午後8時前となると人も少なく、かなり暗くなっていたことがうかがえます。

川村月音さん(18)を刺した犯人は誰?

左胸を3カ所刺されて死亡した、川村月音さんですがまだ犯人は捕まっていません。

ですが、川村月音さんが待合室で発見される5分ほど前に男性が豊橋発名鉄一宮行きの急行列車にはねられ、死亡していて自殺だと考えられます。

また、事故が起こる前にホームの本笠寺駅の待合室で川村月音さんとみられる女性が男性と一緒にいるのを目撃した人がいるそうです。

この男性が、急行電車に飛び込んだ男性かは分かってはいませんが、時間的にも人が少ない時間で男女が待合室にいて、女性が刺されているのが見つかった5分前に急行電車に飛び込んだ男性がいたとなるとこの2人が関係していないと考える方が難しいと思います。

共同通信の記事では、川村月音さんの友人によると、川村月音さんは数日前、SNSに「交際していた男性と別れた」「友達と遊ぶのを制限されていた」などと投稿していたそうです。

ここまでくると、2人で待合室にいた男性は彼氏だったのでは?と思います。

振られた男が、川村月音さんを殺害して自殺したと考えられます。

包丁を持っていっていたということは、計画的だったと考えられ電車に飛び込むことまで考えていたとしたらよほどの決意があったのでしょう。

胸の傷跡も、心臓や肝臓に届くほどの傷があった様です、まだ18歳でこのような決断はしないでほしくかったですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました