事件

【元巨人】宮本武文容疑者が逮捕「投手引退からの転落劇」

事件

和歌山市の住宅に侵入し、現金や貴金属など計約7100万円相当を盗んだとして、住居侵入と窃盗の疑いで、プロ野球巨人(読売ジャイアンツ)の元投手宮本武文容疑者(もやもとたけふみ・32歳)が逮捕されました。

ここでは、宮本武文容疑者の事件内容、経歴、世間の反応についてまとめていきます。

宮本武文の経歴や事件内容「巨人は2012年に引退」

宮本武文容疑者は、今年2月25日の夜から明け方にかけて 和歌山県和歌山市新留丁にある会社役員の男性宅に侵入し、現金3300万円とおよそ3800万円相当の金庫や貴金属、 あわせて7100万円あまりを盗んだ疑いがもたれています。

外出先から帰宅した被害者の男性が、自宅を荒らされていることに気付いて通報したことで事件が発覚しました。

現在、宮本武文容疑者の認否は明らかにされていません。

宮本武文容疑者はラウンジを無許可で営業したとして以前にも逮捕されており、有罪判決を受けるなどし逮捕は6回目になります。

宮本武文容疑者は、岡山県の倉敷高からドラフト2位で巨人に入団し、2012年に引退しています。

宮本武文「被害者の男性はまさかの知人」

新たに警察の捜査で、被害者の男性が「宮本容疑者は知人だった」と話していることが分かりました。

自宅に、3000万円者の大金が置かれている富裕層の人物と知り合いだったということは、コメントなどのもありましたが、元巨人の選手ということで可愛がってもらっていた関係だったのでしょうか。

元プロ野球の選手の逮捕といえばこれまでにもありました。

2013年の11月には、日ハム元投手で二軍マネジャーの宮本賢容疑者が、強姦などの疑いで千葉県警船橋署に逮捕されています。

他にも、2019年5月にはプロ野球オリックスの元選手の奥浪鏡容疑者が詐欺と窃盗の疑いで逮捕されています。

一度でも輝いたことのある人間は、普通やり方では元には戻れないのかもしれませんね。

宮本武文「6回目の逮捕、再犯の可能性も」

頑張ったことのある人だから頑張ればいいのにというコメントです。

野球でプロまでいけるほどの実力がある人間だったのなら、コメントにもあるように他のことに力を使えれば違った形で注目を浴びれたかもしれませんね。

今回捕まってもまた犯罪をするだろうというコメントです。

宮本武文容疑者は、これまでに5回逮捕されており引退してから6回も逮捕されています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました