事件

松田拓磨の顔やFacebook「福岡市早良区の自宅で祖母殺害・無職を指摘され逆上か」

事件

福岡県福岡市早良区の住宅で74歳の女性が遺体で発見された事件で、孫の松田拓磨容疑者(まつだたくま・30歳)が殺人の疑いで逮捕されました。

ここでは、松田拓磨容疑者のフェイスブック、インスタグラム(Instagram)、自宅住所、事件内容についてまとめていきます。

松田拓磨のFacebook/インスタを調査

松田拓磨容疑者のFacebookを調査しました。

松田拓磨容疑者のFacebookを、検索したところ似ている名前のアカウントが複数表示されました。

松田拓磨容疑者のFacebookを調べましたが、同姓同名のアカウントは見つかるものの逮捕され松田拓磨容疑者に関係する、福岡市早良区に関するアカウントは見つからなかったため特定には至りませんでした。

次に、松田拓磨容疑者のインスタグラムを調査しました。

松田拓磨容疑者のインスタグラムを、検索したところFacebook同様に同姓同名のアカウントが複数表示されました。

松田拓磨容疑者のインスタグラムを調べましたが、同姓同名のアカウントはありましたが、松田拓磨容疑者の年齢や、福岡市早良区に関するアカウントは見つからなかったため特定には至りませんでした。

松田拓磨の自宅住所はどこ?

松田拓磨容疑者の自宅は、福岡県福岡市早良区野茶と報道されています。

こちらが、松田拓磨容疑者の自宅の外観です。

二階建ての一軒家で、被害者で祖母の、志壽江さん(74)と母親の3人で生活をしていたそうです。

松田拓磨の祖母殺害事件の内容・動機は何?

7日午前9時半すぎ、福岡県福岡市早良区野芥の住宅で、この家に住む松田志寿江さん(74)が倒れているのを、帰宅した50代の娘が発見し警察に通報したことで事件が発覚しました。

松田志寿江さんの体や顔には複数の刺し傷や切り傷があり、その場で死亡が確認されました。

遺体発見当時、家には孫の松田拓磨容疑者がいましたが「2階にいたのでわからない」と話していました。

しかし、その後の調べで、松田さんを殺害した疑いが強まったとして、殺人の疑いで逮捕しました。

松田拓磨容疑者は「胸などを包丁で刺したことは間違いない」と容疑を認める供述をしていますが、殺意については否認をしているそうです。

松田拓磨「祖母殺害・殺意は否定」

松田拓磨容疑者が、取調べで容疑を認めるものの、殺意は否定していることから包丁で刺しておいて殺意は否定するのか?というコメントです。

一時的にカッとなってやってしまったのでしょうか。

松田拓磨容疑者が、30歳で無職であることから、祖母さか働けと言われ逆上してしまって殺害したのではないかというコメントです。

松田拓磨容疑者は、事件当初2階にいたため、気づかなかったと話していましたが、その後逮捕されました。

そもそも気づかないはずがないだろうというコメントです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました