事件

宮本一希の顔・Facebook !タリウムを飲ませ女子大生殺害か一体何が!・京都市

事件

2022年10月12日に、当時21歳の女子大学生に「タリウム」飲ませ殺害したとして、京都市左京区に住むの不動産賃貸業の男(37)が逮捕されました。

逮捕されたのは、宮本一希容疑者(37歳・自営業、不動産賃貸業)

ここでは、宮本一希容疑者の、インスタグラム、Facebook、顔、犯行動機についてまとめていきます。

宮本一希容疑者のFacebookを調査

宮本一希容疑者のFacebookを調査しました。

宮本容疑者のアカウントを調べてみましたが、同じ名前のアカウントが複数表示されたため、本人の特定には至りませんでした。

次にインスタグラムで検索しました。

インスタグラムでも、Facebook同様名前の一致するアカウントが複数表示され、本人のアカウントの特定には至りませんでした。

新しい情報が分かり次第追記します。

事件の概要

2022年10月12日に、当時21歳の女子大学生に「タリウム」飲ませ殺害したとして、京都市左京区の不動産賃貸業の宮本一希容疑者(37)が逮捕されました。

死亡されたのは、京都市北区のマンションに住む立命館大学に通う3年生の濱野日菜子さん(21)です。

濱野さんは、大阪府内の病院に搬送されましたが、3日後の10月15日の午後に死亡が確認されました。

濱野さんに異変が出た際、宮本容疑者は濱野さんの両親に「酒を飲みに行って、その後自宅で咳をしだして止まらなくなった」と連絡を受けたため、濱野さんの両親が病院に連れて行きました。

死因は、急性呼吸窮迫症候群で、濱野さんの吐しゃ物からタリウムが検出されています。

医師から「意識レベル不明で事件かもしれない」と通報があったことから、発覚しました。

宮本容疑者は黙秘しています。

新しい情報が分かり次第追記します。

宮本容疑者の自宅を調査

報道で宮本容疑者は、京都市左京区修学院中林町の不動産賃貸業とされています。

新しい情報が分かり次第追記します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました