事件

鎌田麻郁(まふみ)容疑者「無免許で初めての運転だった」川口市コンビニ事故

事件

埼玉県川口市のコンビニエンスストアに乗用車が突っ込み、近くを歩いていた高齢男性が死亡した事故で、車を運転していた鎌田麻郁容疑者(かまたまふみ・26歳)が逮捕されました。

鎌田麻郁「今まで運転したことがない」飲酒ではない

川口市並木のコンビニエンスストアに普通乗用車が突っ込み、近くを歩いていた川口市の会社員、坂本正一さん(82)が死亡した事故で、鎌田麻郁容疑者が逮捕されていましたが、新たに免許を持っていなかったことが分かりました。

鎌田麻郁容疑者には知的障害があり、会話でのやりとりが難しいそうです。

鎌田麻郁容疑者の家族は「今まで運転したことがない」「なぜ運転したのか分からない」と警察に説明しており、家族の運転をまねて車を運転していたとみられます。

亡くなられた坂本正一さんの妻は、「男性が会話できない状態でも無免許で運転していること自体おかしいのではないか」と話しています。

鎌田麻郁の蕨市コンビニ事故・川口市並木のコンビニ

成人していても知的障害がある場合は、家族にも保護責任がるというコメントです。

ご家族の方も驚かれていると思いますが、保護責任などの範囲は難しい問題です。

車の鍵を隠すなどの処置をしていればこうはならなかったというコメントです。

鍵の管理に関しては、甘い部分が見受けられますが、運転免許を持っていなくてもエンジンをかけられることにも驚きです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました