事件

久永小太郎の顔・Facebook調査・ホテルの火災報知器で従業員を呼ぶ

事件

15日午後8時半ごろ、大田区のホテルで、従業員を呼ぶために火災報知機を2度鳴らしてホテルの業務を妨害したとして、常連客の36歳の男が偽計業務妨害の疑いで逮捕される事件がありました。

逮捕されたのは、久永小太郎容疑者(ひさながこたろう・36歳・職業不詳)

ここでは、久永小太郎容疑者の、インスタグラム、Facebook、顔、犯行動機についてまとめていきます。

久永小太郎容疑者のFacebook調査

久永小太郎容疑者のFacebook調査しました。

久永容疑者のアカウントを調べてみましたが、一致するアカウントは表示されず、本人の特定には至りませんでした。

次にインスタグラムで検索しました。

インスタグラムでも、同じ名前のアカウントは存在せず、久永容疑者のアカウント特定には至りませんでした。

新しい情報が分かり次第追記します。

犯行現場を特定

犯行現場は、大田区蒲田のホテルです。

新しい情報が分かり次第追記します。

事件の概要

15日午後8時半ごろ、久永容疑者の宿泊していた蒲田のホテルでフロントに電話つながらなかったため、火災報知機を6分の間に2度鳴らし、警視庁や消防が現場に駆け付けました。

30分ほど火災の有無の確認などがあり、ホテルの業務を妨害したとして、常連客であった久永小太郎容疑者(36)が逮捕されました。

久永容疑者は、去年6月から約80日、このホテルに泊まっており、頻繁にトラブルを起こしていたようです。

久永容疑者は「フロントに電話したがつながらなかった。非常ベルを鳴らせば従業員が来ると思ったと話しています」

新しい情報が分かり次第追記します。

犯行動機

かなり迷惑な事件ですが、ストレスが溜まっていたのか、イライラしていたのでしょうか。

ホテルにそれだけの日数泊まっているということは、それなりに社会的地位のある方なのかもしれませんが、フロントに繋がらなかったからといって火災報知器で、多方面に迷惑をかけるのは、イタズラにしては悪質ですね。

これまでにも、従業員とのトラブルがあった事から、フロントに何度か連絡した時に、従業員がしぶってしまった可能性ももしかしたら考えられます。

新しい情報が分かり次第追記します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました