事件

加藤義得逮捕・公園で10代の胸を揉んだ理由は?15分間の犯行・石巻市

事件

2月17日の午後、石巻市の公園で10代の女性の胸などを15分間に渡り触るなどの行為をしたとして、強制わいせつの疑いで、石巻市門脇の無職の男(81)が逮捕される事件がありました。

逮捕されたのは、加藤義得容疑者(81歳・無職)

ここでは、加藤義得容疑者の、事件の概要、犯行現場、犯行動機についてまとめていきます。

事件の概要

2月17日の午後に、宮城県石巻市の公園で面識のない10代の女性の胸を揉む窓の行為をを15分間行ったとして、 強制わいせつの疑いで無職の加藤義得容疑者(81)が逮捕されました。

被害者の女性が、公園で泣いているのを見るけた通行人が、警察に通報し、捜査を進めていく中で加藤容疑者が緊急逮捕されました。

加藤容疑者は容疑を認めており、余罪も含め捜査が行われております。

新しい情報が分かり次第追記します。

犯行現場を特定

犯行現場は、石巻市の公園です。

加藤容疑者が、石巻市門脇の人間という事から、門脇付近の公園の可能性が高いと思われます。

犯行動機

かなり悪質な事件ですね、容疑を認めている事からも、自分の犯行に意識を持ってやったのでしょう。

被害者の女性も、深い心の傷を追われた事でしょう、怖かったでしょう。

犯行現場が、公園ということは小学生、中学生の可能性も考えられます。

被害者の女性からしたら、これからの人生に深く影響する可能性のがありあます、老人が怖くなり、信用できなくなくなるかもしれません。

新しい情報が分かり次第追記します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました