事件

半沢彩の顔やFacebook「交際相手は?乳児の遺体をトイレに流す鬼畜女」

事件

愛知県名古屋市で出産した乳児の遺体をトイレに流そうとしたとして、死体遺棄容疑で飲食店従業員の半沢彩容疑者(はんざわあや・34歳)が逮捕されました。

ここでは、半沢彩容疑者のフェイスブック、インスタグラム(Instagram)、自宅、事件内容についてまとめていきます。

半沢彩のFacebookを調査「乳児をトイレに流す」

半沢彩容疑者のFacebookを調査しました。

半沢彩容疑者のFacebookを、検索したところ同姓同名のアカウントが1つ表示されました。

半沢彩容疑者のFacebookを調べたところ、同姓同名のアカウントは見つかるものの逮捕された半沢彩容疑者に関係する、愛知県名古屋市に関するアカウントは見つからなかったため特定には至りませんでした。

次に、半沢彩容疑者のインスタグラムを調査しました。

半沢彩容疑者のインスタグラムを検索したところ、facebookと同じく同姓同名のアカウントが表示されました。

半沢彩容疑者のインスタグラムを調べたところ、同姓同名のアカウントはありましたが、半沢彩容疑者の年齢や、名古屋市に関するアカウントは見つからなかったため特定には至りませんでした。

半沢彩の自宅や事件内容「愛知県名古屋市名東区極楽」

乳児の遺体をトイレに流そうとしたとして、逮捕された半沢彩容疑者の自宅は、愛知県名古屋市名東区極楽と報道されています。

〒465-0053 愛知県名古屋市名東区極楽5丁目8の「サクセス極楽」だということが分かりました。

サクセス極楽」は築32年の5階建てで、ファミリー向けの間取りは3LDK、家賃は月9万円ほどだが、半沢彩容疑者の部屋は単身者向けのため、1LDKで月6万円ほどです。

半沢彩容疑者は3日朝、愛知県名古屋市名東区極楽の同じマンションに住む交際相手の男性の部屋で、出産した乳児の遺体をトイレに流そうとするなどして遺棄しましたが、乳児は身長約30センチの男の子で、トイレに詰まり、流れませんでした。

6月3日の夜、半沢彩容疑者が赤ちゃんの遺体を抱えて名古屋市天白区の病院を訪れ「自宅で出産した子どもが死んでいる」と話し、赤ちゃんは病院で死亡が確認されました。

半沢彩容疑者は「間違いありません」と容疑を認める供述をしています。

乳児の死因は分かっておらず、司法解剖などの、死亡経緯についても捜査が進められています。

半沢彩の交際相手の男は誰?「同じマンションの交際相手」

半沢彩容疑者は、同じマンションに住む交際相手の部屋で男の子を出産し、トイレに流そうとしてい逮捕されています。

現在、交際相手の男性の名前や顔は報道されていませんが、共犯と判断され今後報道される可能性がありますので新しい情報が分かり次第追記しています。

この交際相手と思われる男性の、自宅に記者の方が行かれ○○さんですよね?と尋ねたところ、「違います!」と事件との関わりを否定するかのように取材拒否の体制を貫いたそうです。

この男性についての情報は、10年以上このマンションに住んでいるそうで、以前は妻子がいたが、離婚して現在は独身のようです。

また、この2人がよく行っていた近所のレストランの店主によると、この男性はずっと前から通っていたようですが、離婚してからの3年前ごろからは、半沢彩容疑者を連れて行ったり、友人を連れて行ったりしていたそうです。

店主によると、半沢彩容疑者は少し離れたところにあるスナックで働いていたようで、そこでこの男性と出会い付き合うようになったのではないかとのことです。

まだ亡くなった赤ちゃんが死産だったのか、それとも半沢彩容疑者が故意に殺したのかは分かっていないため、慎重に捜査が行われています。

半沢彩「乳児がトイレに流れるわけない、早産か?」

乳児の身長が30センチだったことから、妊娠6ヶ月ごろのチゥ流産か早産の可能性があるといったコメントです。

どちらの場合だったとしても病院に行っていない時点で、生み育てる気があったのかは疑問です。

34歳になって、どうして先のことを考えられなかってのだろうというコメントです。

コメントにもあるように年齢は関係ないかもしれませんが、34歳の大人が2人もいて、トイレに流そうという結論に至ることに恐怖を覚えると同時に、なぜ詰まることが予想できなかったのかなど謎が深まります。

なぜ死体遺棄がバレるのだろうというコメントです。

最近こういった事件が多いですが、コメントにもあるようになぜ分かりやすい状況で見つかっているのでしょうか。

今回のトイレが詰まっただけで見つかることもないような気がしますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました