事件

阿部堅一の顔やFacebook!自転車の男性はねる「前をよく見ていなかった」

事件

3月30日の夜、宮城県名取市の県道で自転車に乗っていた男性をはねて死亡させたとして、車を運転していた会社員の男(52)が過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕されました。

逮捕されたのは、阿部堅一容疑者(あべけんいち・52歳・会社員)

ここでは、阿部堅一容疑者の、インスタグラム、フェイスブック、顔、事件の内容についてまとめていきます。

阿部堅一容疑者のFacebookを調査

阿部堅一容疑者のFacebookを調査しました。

Facebookで阿部堅一容疑者を検索したところ、2つのアカウントが表示されました。

1つ目のアカウントを表示しました。

こちらのアカウントは、顔画像がトップ画像に設定されており、友達が12人いることから使用されているアカウントだと分かりますが、プロフィール欄に立命館大学に在学中と記載されているため、逮捕された阿部堅一容疑者のアカウントでは無いことが分かりました。

2つ目のアカウントを表示しました。

こちらのアカウントは、トップ画像が設定されており、友達も8人いることから使用されているアカウントだと分かります。

プロフィール欄には、相模原市出身で仙台市在住と記載されています。

逮捕された阿部堅一容疑者の自宅も、仙台市宮城野区田子なことから在住地が一致するためこちらのアカウントの可能性が高いと考えられます。

次にインスタグラムで検索しました。

インスタグラムで阿部堅一容疑者を検索したところ、20個以上のアカウントが表示されました。

Facebookの1つ目と同じアカウントもありましたが、仙台市に関係するアカウントは見つけることができませんでした。

阿部堅一容疑者の事故現場を調査

阿部堅一容疑者は、名取市田高の県道名取村田線の路肩を東に向かって走っていた自転車が後ろからはねました。

阿部堅一容疑者の自宅は、宮城県仙台市宮城野区田子と報道されています。

事故が起こったのが、午後9時半ごろだったため帰宅途中だったのかもしれません。

今回の事故に関する世間の反応

スマホを見ていたのではないかというコメントです。

阿部堅一容疑者自ら、「前をよく見ておらず気付くのが遅れた」ち話していることからも、スマホを見ていた可能性は十分に考えられます。

スマホ以外にも、車内モニターかもしれませんが、何かに気を取られて前を見ていなかったことが明らかです。

ヘルメットが大事というコメントです。

最近では、自転車に乗る人のヘルメットは着用努力義務ですが、いざという時に命を守ってくれるならどんな理由があっても着けている方が安全です。

事件の内容

3月30日の夜、宮城県名取市の県道で自転車に乗っていた男性をはねて死亡させたとして、車を運転していた会社員の阿部堅一容疑者(52)が過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕されました。

3月30日午後9時半頃、名取市田高の県道名取村田線の路肩を走っていた自転車が後ろから来た乗用車にはねられ、自転車に乗っていた名取市閖上の職業不詳・齋藤和夫さん(66)が頭などを強く打ち、約1時間半後に死亡しました。

阿部堅一容疑者は「前をよく見ておらず気付くのが遅れた」と供述しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました